Contact
法律家のプロに任せたい!

法律家のプロに任せたい!

普通に生活していても、大人しくしていても(笑)それでも何かしらのトラブルはつき物ですよね。
法定相続情報証明

そんなこと思ったこともありませんでしたが、 先日主人の祖母が亡くなりました。つい先日まで元気で、99歳で亡くなった主人の祖母。主人は小さいときに父親を亡くして依頼母はもちろん祖父母が心底可愛がってくれたと言っていまして、その祖母が亡くなりそれは悲しそうでした。私も何度も会ったことがありまして、(方言や訛りのせいで)何を話しているのかわからないのがほとんどでしたが、気の優しいおばあちゃんでした。
弁護士 大阪  無事に葬儀を終え、主人と都内の自宅へ戻って4日。主人へ母からの電話が。
詳しくは聞いていないのですが(首を突っ込みたくないので・・・)、遺産相続の問題が浮上したんだそう。

なんせ田舎なもんですから、土地はたくさん持っているでしょう。なんせ田舎なもんですから、兄弟も多いようで・・・。兄弟同士のバトルも悲しい気がしますが、それだけでおさまらなかったのがはじまりで、兄弟の嫁だのが出てきたことで、あやうくこちらにも飛んでくるかのような思いをさせられました。
家族信託 横浜

祖母が最後数日間入院する間、必死に見舞ってくれた者と、元気だから大丈夫でしょうと知らん振りしていた者(嫁)の戦いなんです。怖いですよね。。
結局収集つかないままいきたくないので、法律化のプロへ相談することに。ここまで来てしまったか・・・と私たちは唖然としていましたが、でも本当に多いそうで。 相続問題。故人もそんな状態に陥らないように、亡くなる前に(当然)しっかりと考えておいてほしいものですよね。

主人の祖母は急な身体の不調から入院し、十数日で亡くなったので、確かに準備は・・・・。 どちらかというとのん気(良い意味で)でなんとかなるさ系の祖母だったので、今回のようなバトルはもはや免れないものだったのかもしれませんが。


そのバトルに私は参加していませんが、主人の印鑑証明等、なんとなくな面倒を片付けました。まだその相続云々は終わってはいませんが、とりえず法律家さんのおかげで私たちはバトルに入らず済みそうです。

法律家に依頼することってこれまでしたことがないんですが、結構相談できそうです。いまのところアレもコレもとあるわけではありませんが、 むしろきちんと法律家さんに頼んでなんでも曖昧なものにしないように私自身が注意しておかなきゃいけないかも、と思わされました。
相続 横浜市泉区
どっから危険が飛んでくるかわからないもんですものね。
横浜市泉区で相続のご相談は貴田事務所

確定申告 介護事業|豆知識

中小企業のメリット
法人税の軽減
交際費課税の経費処理
法人住民税の減額
外形標準課税の免除
少額減価償却資産
欠損金の繰戻還付制度
独立行政法人勤労者退職金共済機構の中小企業退職金共済への加入
信用保証協会の信用保証制度の利用

中小企業のデメリット
人材難(特に新卒の確保が厳しい)
雇用が不安定
個人経営や家族経営などのワンマン経営になりやすい
会社の倒産や買収の可能性が高い
社会的認知度や信用度の低さ

中小企業の現状
リーマンショックや東日本大震災の影響により、日本企業は中小企業でなく、大企業もダメージを受けている。政府の中小企業金融円滑化法や緊急保証制度などの支援策のお陰で、倒産を回避している中小企業も多数存在する。
中小企業の今後
政府は、中小企業経営革新支援法を制定し、資金面・税制面から中小企業をバックアップしている。したがって、必ずしも先が暗いわけではない。ニーズの変化を読み、独自の技術や経営など強みがあれば、この先伸びる可能性も十分にある。

株式会社設立 合同会社設立

  交通事故相談なら専門家へ

事故車でも諦めません不幸にして起こってしまった事故。いくらこちらが注意していても、日常から気をつけていても、相手の不注意に巻き込まれてしまうこともあります。
バスでも車でも飛行機でも事故は怖いことです。電信柱にぶつかってしまった!など、小さなミスから起こる事故も大変なことです。
修理代が高くて、廃車・・・。こうお思いの方は多いと思います。実は、事故車でも高額で買い取ってくれる業者があることをご存知ですか?
流通経路はもちろん不明ですが、独自経路を活用して事故車を高値で買取ってくれるそうなんです。災害・水害で不動になった、水没車・水害車・冠水車というのは、特に高額買取というところもあるそうですよ。
実は4年ほど前に事故を起こしてしまったことがありました。そんな大きな事故ではありません。自分一人で解決出来ないと思い専門家に相談に行きました。
株式会社合同会社設立や増資などの相談も行っているところだったので交通事故相談もとてもスムーズに対応してくれました。
実は数年前父が株式会社設立や増資の相談の際にお世話になった方だったので顔みしりということもあり即対応してくれました。
すぐに父も駆けつけてくれて。もうその時はひたすら手続きをお願いします。と頭を下げていました。家に帰ってからは相当怒られました。
でもさすがは専門家ですね。あとの手続きは非常にスムーズで父も安心したようでそれ以上怒ることはありませんでした。
こういう時って本当に専門家は強いですね。父もそう思っていたのか会社設立後もよく相談に乗ってもらっているようです。

東京 大阪 ホームページ制作

制作業者は、営業・企画構成・コーディネイター・デザイナー・各種プログラマーなど、担当グループによるチームで作業を進めることができるので見栄えのいいホームページを作ることができます。
制作部分を担当するいくつかのグループがほぼ平行して作業を進められるので、細部に時間をかけることができるからです。 ただし、チームで作業を進めるということはそれだけ人件費がかかるということでもあり、制作費用は高額になるということを考えておかなくてはいけません。 ホームページの内容によりますが、安くて50?200万円前後、大掛かりなシステム制作を含めたホームページの構築となると数千万?数億円にも達します。
しかも、制作業者の選定を誤ると高額な料金の割りにいい加減なホームページを作られてしまいます。 制作過程の明示・見積書の発行・契約書の作成など、しっかりした手続きをとらない、または、作業に応じた明確な制作料金を提示しない業者には依頼しない方が安全です。 ホームページ上で過去の制作実績が公開してある場合は、本当にその業者が制作したものであるか、公開してあるホームページの会社へ直接確認してみるのもいいでしょう。 中には、いかにも自社で制作したホームページであるかのように紹介している悪質な業者もいます。

かなり前のことですが、私は友達の代わりにホームページ制作をしたことがありました。
当時友達は、インターネットを始めたばかりでした。 インターネットを始めたばかりですが、自分の絵を公開したホームページが作りたいと言いました。
そんな彼女ですが、インターネット所かパソコン自体も初心者でした。 文字を入力するだけで一苦労なので、当然ホームページの作り方もわかりません。 友達は私に「パスワードを教えるから代わりに私のホームページを制作して下さい」とお願いしました。
パスワードは個人情報になってしまうので、私は最初作るのを躊躇いました。 しかしホームページ制作でホームページが完成したら友達自身でパスワードを違う物に変えて貰おうと思い、ホームページ制作を承りました。
私が制作したホームページは本当に簡易的な物です。 携帯サイトで、掲示板やイラストアルバムを設置したり、簡単な文章を書いたりです。
文章は友達が書いた物をコピペして貼りつけました。 完成したホームページを見て友達は凄く喜んでくれました。 最初は私にホームページを制作を頼んでいた友達ですが、割と早い段階で自分で自由にカスタマイズできるように成長していました。 好きなことや興味のあることは覚えるのが早いものですね。

 

 

 

 

 


13